ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-14 04:14:27
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
亀裂深まる韓米同盟
相互の信頼、存在せず

 先週、第72回国連総会での各国代表の演説が終わった。今回の総会で注目されたのは、金正恩の核ミサイル挑戦に対する韓日米首脳の対応だった。トランプ大統領と安倍首相が金正恩体制への制裁強化を訴えたのに対し、文在寅大統領は、ロウソクやロウソク革命といった単語を10回も繰り返しつつ、北核問題の平和的な解決を強調した。


文大統領は総会演説で「われわれは北韓の崩壊を望みません。いかなる形の吸収統一や人為的な統一も追求しません」と宣言した。文大統領が公式に吸収統一を否定したのは3回目だ。レジーム・チェンジや軍事的手段など、あらゆる選択肢を検討中と表明してきた米国政府とは明確に対立する姿勢だ。文政権が国連安保理の決議を尊重するというのは言葉だけで、実際は対北支援予算を大幅に増額して編成している。
文大統領は、米国の戦術核兵器の韓国再配備に反対すると公に表明し、外交部の康京和長官も中国当局との会談で、韓国は核兵器の配備や開発をしないと約束したとの疑惑も持たれている。


韓日米の首脳会談(21日)の雰囲気も、対北圧力の強化を注文した日米に対し、文大統領は安保理決議の履行には同意しながらも、同時に中国側が主張するような「対話による解決」という主張をしつこく言い続けている。


トランプ大統領は総会の演説で、金正恩が自殺的な挑発を続けていると指摘。北側が米国と米国の同盟国を核兵器で脅かせば、北韓を完全に破壊すると厳しく警告した。


これに反発した金正恩は、最高権力者として前例のない声明を発表し、米国に対して徹底対決を宣言した。北側の李容浩外相は23日、北側の目標は米国とのパワーバランスをとることであると主張し、北に対する武力行使の兆しがあれば、(核の)先制攻撃をすると言い放った。彼は、太平洋上での水爆実験の可能性もちらつかせた。


米当局は、韓国統一部が文大統領の総会演説が始まる直前に800万ドルの対北人道支援決定を発表したことに、不快感を隠さなかった。米軍が北側の暴走を牽制するため、戦略爆撃機を北韓の領域深くに出動させた(23日)とき、韓国空軍との事前協議や連合作戦を考慮しなかったようだ。文大統領は、慌ててNSCを招集したという。


米国入国が禁止されている任鍾晳を大統領秘書室長としている文政権とトランプ政権の間に、相互信頼の雰囲気は存在せず、韓米同盟を維持しようとする宋永武国防長官を、主思派出身の大統領参謀らが厳しく牽制する現実では、韓米同盟の亀裂は深まるばかりだ。韓米同盟の亀裂は、日本の安保にも大きな影響を及ぼすしかない。

2017-09-27 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません