ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年09月14日 08:09
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】『わたしたち』(韓国)

 夏休み明けの小中学生による自殺のニュースがメディアで取り沙汰されているが、本作はその主な原因と思われる「いじめ」を正面から描いている。
昨年の第17回東京フィルメックスで上映され、観客賞など3賞同時受賞に輝いた作品(映画祭上映時のタイトルは「私たち」)は、ユン・ガウン監督が、自身の経験をもとに、友情が裏切りに変わり、葛藤しながら成長していく子どもたちの姿を描いたドラマだ。
人と付き合うのが苦手な小学生の少女ソン(チェ・スイン)は、1学期最後の日に転校生のジア(ソル・ヘイン)と知り合う。ためらいながらも声をかけると、ジアもホッとしたように近づき2人は親しくなる。夏休み中にはソンの家にジアが泊まり込むほどの仲となるが、新学期を迎えると2人の関係に微妙な変化が生まれる。
両親が共働きのソンは4歳の弟の面倒をよく見、親との会話も多く、関係もスムーズにいっている。一方、裕福な家庭のジアは家族の絆が希薄だ。やがて2人は徐々に疎遠になっていく。ソンはジアとの仲を復活させようと策をめぐらすが、かえって取り返しのつかない事態に追い込まれる。
おそらく多くの人は作品を見終わった後、いや見ているうちから、あれは自分のことではないかと思うのではないだろうか。嫉妬や格差といった現代社会が抱える問題は、大人だけが関わっているわけではない。力を持った派閥やグループがもたらすひずみは社会の隅々に広がり、学校の中といえども無関係ではありえない。
ただ、そのもたらす影響が切実で子どもたちの表情が厳しいのに、見ていてハラハラしながらも、まだ大丈夫と思う気持ちが心の隅にあるのは、ソンが家族から愛されているのを知っているからだろう。ソンはいじめに遭い、不安な表情を浮かべながらも、どこか毅然としているところがある。ジアを許そうという気持ちも残っているようだ。
ユン監督は、彼女の才能を認めたイ・チャンドン監督から撮影中に「これは真実なのか」と絶えず質問されたという。映画の中で、少女たちの表情が演技ではなく劇中の人物そのままのように自然に見えるのは、監督がこの瞬間の生の姿を映し取ろうと努めたからであろう。事前に準備し、そこまでレベルを高めた指導の入念さが見事に結実した作品だ。
子役といえば、ソンの4歳になる弟を演じたカン・ミンジュン君の演技も特筆ものの自然さだった。「僕の顔が画面に出てきて面白かった」という感想に、彼の伸びやかな性格がよく表れている。
(紀平重成 アジア映画ウオッチャー)
公開=9月23日よりYEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開。
公式HP=http://watashitachi-movie.com/

2017-09-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
新・浦安残日録(号外2) 家で終末を迎える日々
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません