ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年09月14日 07:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 香村かをりさん(チャンゴ奏者)
理想は金徳洙 「神を呼ぶ音」

20年のブランクを経てステージに復帰
 「すごいチームがいる」。高校を卒業したばかりの香村さんはある日、そんな話を聞いた。1986年、法政大学で行われたコンサートで、金徳洙率いるサムルノリの演奏に衝撃を受けた。思いは募り、88年、韓国に留学した。
サムルノリは、プロを目指す人だけを演奏ツアーに同行させる、昔ながらのスタイルだった。香村さんは大学で打楽器などを学んだが、特に師事する相手もいなかった。オリジナルへの、金徳洙へのこだわりがあった。
そんな香村さんを、韓国のテレビ局が紹介。大きな反響があり、再び呼ばれたスタジオで「金徳洙に弟子入りできたか」と聞かれた。いいえと答えると、スタッフがその場で金徳洙に電話。「弟子にします」との言葉をもらった。
しかし同じ頃、現地で知り合った男性と結婚、出産。日本に生活基盤ができ、韓国に戻ることはあきらめた。「韓国」という言葉が聞こえてくればテレビを消し、チャンゴも押し入れの奥にしまいこんだ。
2008年、金徳洙と会う機会があり、「趣味でいいから、もう一度やりなさい」と言われた。そのさらに5年後、活動を再開し、「調布サムルノリ」を発足させる。さらに、全国のサムルノリネットワークを構築しようと計画している。
約20年のブランクで腕の衰えは否めない。しかし重ねてきた人生は、音色に表れる。「金徳洙先生の音も、昔とはだいぶ変わりました。理想は金徳洙先生の『神を呼ぶ音』」だという。

2017-09-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません