ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年09月14日 07:54
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「現地化」で日本市場攻略 
携帯ゲーム普及が転機に

 モバイル機器の普及により、ゲーム市場にも変化が表れている。携帯電話のアプリで、手軽にゲームが楽しめるようになったためだ。これまで韓国企業は、世界有数の日本市場攻略に苦戦してきた。それを乗り越え、今は少しずつ光が見えてきている。
日本のゲーム市場は世界3位の規模といわれる。「ファミ通ゲーム白書2017」によると、16年の日本国内ゲームアプリ市場規模は9690億円となり、前年比4・4%増加した。
日本のゲーム市場はいくつかの特徴を持つ。まず、自国のゲームメーカーの歴史が長く、技術レベルが高いことだ。当然、ユーザーの目も肥え、ゲームに求めるレベルも高い。韓国のゲーム会社は、以前から日本市場攻略のため、自国で成功したゲームを持ってきたが、失敗に終わっていた。
幾度かの失敗を経験した後も挑戦は繰り返されたが、成功までの道のりは遠かった。転機となったのは、状況の変化。モバイルゲームの台頭だ。
韓国のゲームメーカーはモバイルゲームに特化し、綿密な攻略を立てて日本進出を狙っている。特に、iPhoneのシェアが高い日本の状況を考慮して、アップストア(APP Store)で利用できるゲームを増やしている。
韓国のモバイル電子機器市場は、アンドロイド端末のシェアが高く、アンドロイド端末用のゲームが先に発売され、数カ月後にアップストアのゲームが発売されるケースが多い。一部のアプリケーションは、アップストア用のものがないこともある。
昨年2月に日本市場に展開したモバイルロールプレイングゲーム(RPG)「セブンナイツ」は、配信10日間でダウンロード数100万件を突破し、6月には売上高3位につけた。同年11月には累計ダウンロード数1000万件を突破。今年8月には1500万件のダウンロードを達成し、驚異的な人気を見せている。
昨年末にリリースされた「HIT」も、アップストアのダウンロード数で10位にランクされるなど、世界中で1900万件のダウンロードを記録した。「三国志曹操伝」は、事前予約だけで30万人が登録し、幅広い層から高い期待を集めている。
韓国のゲームメーカーの関係者は、「いままでは全世界で同じゲームを展開すれば通用すると思っていたが、日本市場に向けた『現地化』も重要だとの認識の変化が成功の理由だ」と述べた。「ゲームの内容を単に翻訳するのではなく、きめ細かな翻訳を通じてより伝わりやすい内容に変えたり、マーケティングや広告も繊細なところまでチェックしている」と付け加えた。
ゲーム大国の日本に、韓国生まれのゲームは、確実に浸透しているようだ。

2017-09-13 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません