ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-07-19 07:05:48
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年09月14日 07:36
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

印 消費者間ネット売買、年率70%成長
インドで、消費者間売買のオンラインサイトが拡大を続けている。現在の市場規模は約90億米ドル(約9845億円)で、2022年までの年平均成長率は約70%に達する見通しだ。同オンラインサービスでは、個人の所有物や手芸・工芸品などを個人間で売買できる。主な収益源は商品の掲載料となっており、プラットフォームを提供する新興企業も増えている。サイトの主な利用者は、定職を持たない主婦など。現在の参加者は200万人で、2022年には2300万人まで増加する見込みだ。
香港 初めての住宅購入に優遇措置検討
住宅購入歴がない香港市民が初めて住宅を購入する場合、格安で物件が提供される可能性が出てきた。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日、来月行われる施政報告(施政方針演説)で構想を発表する計画であることを明らかにした。林鄭長官は、選挙公約でも同様の構想を盛り込んでいた。林鄭長官は「住宅問題は非常に重要。具体策を提示し、住宅購入に関する市民の要望に応えたい」と述べた。同構想は、住宅の購入を検討している市民にとって朗報である半面、業界関係者の間では懸念する声も根強い。補助住宅小委員会の黄遠輝委員長は「購入した不動産の転売を禁止するような規制を導入するべき」などと述べている。
大型LCD生産能力、韓国首位転落か
世界の国・地域別の大型液晶パネル生産能力(面積基準)で、昨年まで首位だった韓国が今年は3位に転落する見通しだ。台湾の市場調査会社、集邦科技(トレンドフォース)傘下のウィッツビューが報告書を発表した。報告書によると、昨年34・1%だった韓国のシェアが、今年は28・9%に低下するものとみられる。その背景には、サムスンディスプレーやLGディスプレーが、生産を有機ELパネルへとシフトしたことなどが挙げられている。一方、昨年30・1%だった中国のシェアは、今年35・7%に拡大し、トップとなる見込みで、2020年には48・3%まで拡大する見通しだ。

2017-09-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「清算対象」となった韓国の司法府 
大韓民国の建国と憲法を否定する「大統領令」
文在寅政権の正体 建国節論難と国家解体
韓米演習中断 駐韓米軍の戦力弱化へ
文在寅政権への米国の警告
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません