ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年09月06日 20:09
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「新感染 ファイナル・エクスプレス」(藤原友代・訳)

 世界の数々の映画祭で作品賞、監督賞などを受賞した韓国映画のノベライズ。プサン行きの特急列車KTX101号を舞台に、謎のウイルスに侵された少女が、次々と乗客を感染させていくという物語。疾走する列車のなかで、凶暴化する感染者たちと、生き抜こうと奮闘する主人公など他の乗客、極限の状況下で人間がどう行動するかが興味深く描かれている。また、感染者が同乗する列車が、実は未来への道の希望という設定だ。底辺にあるのは世界の終末、人類滅亡というテーマ。人類が未来に託していくべきものは何か? 次世代に何を残すべきかを考えさせられる小説。韓国では、昨年7月に公開されたが、日本では、今月から全国で上映が開始された。
竹書房文庫刊
定価=750円(税別)

2017-09-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
5・22韓米首脳会談 特異さが際立っ...
6.13地方選挙 有権者の選択は…
ブログ記事
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません