ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年09月06日 20:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「『招待所』という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実」(ロバート・S・ボイントン・著/山岡由美・訳)
日本人拉致事件とは何だったのか 独裁政権の全貌を世界に知らしめる

 ニューヨーク大学教授のロバート・ボイントン氏が、英語で拉致問題を軸とする北韓の問題行為、そして日本との関係について記した。本書はその訳書である。
著者は、金正日が日本人拉致を認めるまで、拉致問題を知らなかったという。そういう国の読者向けの一冊ではあるが、拉致問題について多少の知識がある人なら「読まなくても知っている」という水準にはとどまっていない。拉致被害者の蓮池薫さん夫妻らの体験談をベースとし、明治期の日朝関係や周辺の人々の話を織り交ぜつつ、さまざまな角度から拉致問題に光を当てている。
人物の話に焦点を当てているため、難解な内容にはなっていない。ボイントンは登場人物の言葉を通じて、北韓の、独裁主義社会の何たるかを巧みに描き出した。
英語圏の読者にとっても、国連などで報告される堅苦しい内容ではなく、独裁体制に翻弄された個々人のストーリーとして、北韓の現実を知る一助になるだろう。
柏書房刊
定価=2700円(税別)

2017-09-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません