ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年09月06日 20:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「『招待所』という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実」(ロバート・S・ボイントン・著/山岡由美・訳)
日本人拉致事件とは何だったのか 独裁政権の全貌を世界に知らしめる

 ニューヨーク大学教授のロバート・ボイントン氏が、英語で拉致問題を軸とする北韓の問題行為、そして日本との関係について記した。本書はその訳書である。
著者は、金正日が日本人拉致を認めるまで、拉致問題を知らなかったという。そういう国の読者向けの一冊ではあるが、拉致問題について多少の知識がある人なら「読まなくても知っている」という水準にはとどまっていない。拉致被害者の蓮池薫さん夫妻らの体験談をベースとし、明治期の日朝関係や周辺の人々の話を織り交ぜつつ、さまざまな角度から拉致問題に光を当てている。
人物の話に焦点を当てているため、難解な内容にはなっていない。ボイントンは登場人物の言葉を通じて、北韓の、独裁主義社会の何たるかを巧みに描き出した。
英語圏の読者にとっても、国連などで報告される堅苦しい内容ではなく、独裁体制に翻弄された個々人のストーリーとして、北韓の現実を知る一助になるだろう。
柏書房刊
定価=2700円(税別)

2017-09-06 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません