ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年09月06日 20:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「文大統領は共産主義者」―放送文化振興会理事長 高永宙―
高永宙理事長は8月31日、文在寅大統領の名誉毀損容疑の裁判で「文大統領は共産主義者」という主張を続けた。高理事長は「文大統領が共産主義者という確信を持つようになった根拠資料を(検察に)数十件提出した。それでも虚偽事実を例示し名誉毀損の容疑で起訴した検察を理解できない」と述べた。また、「文大統領が国家保安法廃止、連邦制統一を主張し、戦時作戦統制権の返還などを通じた事実上の駐韓米軍撤収を誘導したのは、北韓の主義・主張を追従した事例」とした。

「裁判はすなわち政治」―仁川地方裁判所判事 呉炫錫―
呉炫錫判事は、裁判所の内部通信網に「裁判と政治、裁判官独立」というタイトルの記事を載せた。呉判事は「新しい時代はすでに始まった。個々の裁判官はそれぞれ政治的性向がある事実を受け入れ、尊重しなければならない」と主張。また、「裁判はすなわち政治」とし「すばらしい裁判官であっても、政治嫌悪、無関心に安住すれば本当に素晴らしい法曹人とは言えないだろう」と付け加えた。

2017-09-06 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません