ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 02:13:50
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年09月06日 19:44
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓法律救助公団と提携 
設立10年の民団生活相談センター

 今年10周年を迎えた民団生活相談センター(金昭夫所長)は最近、ソウルで研修会を開き、8月30日には大韓法律救助公団と業務提携を結んだ。生活相談センターは、主に在日同胞を対象とし、税金と相続、婚姻、家族関係登録整理、兵役など、さまざまな同胞の問題に対応してきた。今までの相談事例は計9000件で、弁護士や税理士、司法書士、行政書士などの専門家が、同胞の悩み解決に尽力してきた。
法律救助公団の李憲理事長は「民団と協力して、同胞たちの法律福祉増進のために努力してきた。最近も、ある事件の訴訟を勝利に導いた」とし「今後も公団の法律に関するノウハウを基に、協力を強化していく」と述べた。李理事長は、「在日同胞が関わったさまざまな事例を収集する必要性を感じている。苦情を整理して、政府に立法を提案したり、既存の法に特例や付則をつけることも推進したい」と語った。
(ソウル=李民晧)

MOUを締結

金所長インタビュー
――今回の本国セミナーの成果と、これまでの活動について。
「歴代最多の30人の専門家が参加した。熱気も高かったが、何よりも人をいかに助けるかで悩んだことで、認識が深まったと思う。相談センターは、開設
金昭夫所長
10年間で約9000件の同胞の悩みに、専門家のアドバイスを受けながら、寄り添ってきた。同胞が悩みから解放されたという報告に接するときは、民団の組織活動にやりがいを感じる。こんなにいい組織はないと実感している」
――記憶に残っているエピソードは。
「この間、法律救助公団と共同で離婚訴訟を解決したが、公団が無料で助けてくれた。そのおかげで苦境に立たされた同胞を助けることができた。こうしたコラボレーションが今後増えると期待している」
――地方にもセンターが多数開設された。同胞たちの反応は。
「16日、茨城県にセンターが開所する。これで全国に12カ所(中央含む)の相談センターができることになる。法律問題を抱える人たちが、気軽にセンターに立ち寄って、世間話をするような、おしゃべりの場としての役割も果たしている。生活密着型のモデルとなっており嬉しく思う」
――法律救助公団とのMOU活用の方案は。
「公団から日本に職員を派遣し、より緊密な協力をしようとしている。中央にコントロールタワーを置いて、公団と共同し、各地の同胞の苦情事例を収集し、それを整理しようとしている。同胞に役立つ法的・政策的支援を受けることができればいい。在日同胞の苦情の解決法を見つけられるよう、全力投球する」

2017-09-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません