ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 02:13:50
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年09月06日 19:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北韓の水爆実験 脅威にさらされる在日の反応
民団は抗議声明を発表

 北韓の核実験を受け、民団中央は4日、呉公太団長名義の抗議声明を発表した。呉団長は北韓に対し「怒りを込めて強く非難し、抗議する」と訴えた。5日には朝総連前で抗議も行った。
民団は声明で「国連安保理の度重なる警告や制裁を完全に無視し、世界を敵に回す自滅への道をまたも進めた」と、核実験を非難。「在日同胞の総意を代表し、怒りを込めて強く非難し、抗議する」と述べた。民団中央は5日、朝総連前で抗議行動を行った。
8月29日のミサイル発射についても、日本列島を飛び越えて太平洋上に落下したことから、「日本国内に極度の危機感が高まった」と指摘した。北韓はグアムに向けて4発のICBMを発射する計画を明らかにしており、その際は島根、広島、高知の各県上空を通過することも警告している。韓国や米国だけでなく、日本も北韓の核・ミサイルの脅威にさらされており、民団としても看過できる状況ではない。
一方、核実験についてのコメントを求めたところ、各地の民団は、団長不在などを理由にノーコメントが目立った。ただ、個人としては「とんでもないことをやっている」「絶対にやってはいけない行為」という声が聞かれた。
民団中央の声明は、「世界各国に対して、北韓の暴走を止める共同歩調を取るよう強く求める」と結んだ。韓国政府は日米に比べて北韓への対応が不十分であるだけでなく、対話路線を捨てきれていない。意図的に金正恩のために時間稼ぎをしている形だが、民団は韓国政府を名指しした要求はしなかった。
訪韓日本人の動向について口にしたのが、韓国観光公社東京支社だ。日本政府が4月、渡韓の際には注意するよう呼びかけを始めて以降、訪韓日本人は減少傾向にあるという。ただ、3日の核実験で、特別に悪くなることはないと予想する。すでに状況は悪化しているためだ。一方、「一番悪い時期になったことは確か」とも述べ「(北韓は)何をやっているのか」と怒りをにじませた。

2017-09-06 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません