ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年09月06日 19:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 北韓の核実験によって、韓半島の休戦体制の変更は必至となった。韓半島問題の当事者である韓国はもちろんのこと、同盟国である米国、隣国の日本は、互いに連携しつつ、この難局を乗り越えなければならなくなった▼米国のトランプ大統領は、独自の金融制裁をさらに強化し、北韓とビジネスを行っている国と、米国との貿易を停止する措置を検討している。北韓を擁護している中国やロシアにとって、看過できない警告だ。国連安保理における石油の禁輸措置を含む制裁案が、中露の消極的な姿勢で通過不透明となっている中、事態を動かす妙手になりうる▼韓国はどうか。政府は4日、THAADの発射台4基の追加配備を認めると決めた。だが、問題は電力供給だ。韓国政府は7月にも同様の発言をしているが、やろうと思えばすぐにできる措置をとってこなかったことから、不信感はぬぐえない。宋永武国防部長官は同日、「金正恩斬首部隊」を12月1日付で創設し、来年末までに作戦を実行できる能力を確保すると述べた。これも気の長い話である▼安倍政権は今回、周辺国との電話会談を行い、対応を協議している。安倍首相は文大統領との電話で、「これまでにない重大かつ差し迫った脅威だ」と北韓の核に言及。文大統領と「過去とは次元が異なる厳重な挑発」との認識を共有したという▼それにしても韓日の対応は、米国に比べ、この切迫した状況に十分とはいいがたい。国際的な連携を強めることは最低条件。思い切った独自策が求められている。

2017-09-06 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません