ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 02:13:50
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年08月30日 20:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「殺虫剤卵」波紋 
食への不安高まる

 ヨーロッパで問題となっている「殺虫剤卵」が韓国でも発生した。鳥インフルエンザが終息して間もない韓国で、再び食への不安が高まっている。
韓国の店頭で売られている鶏卵から検出された殺虫剤成分は2種類。一つはフィプロニルだ。1993年から全世界で使用され始めた殺虫剤で、主に昆虫やダニを取り除くために使われるが、牛・豚・鶏のように食用とされる動物には使用が禁止されている。国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が定めたフィプロニル使用基準値は、1キログラムあたり0・02ミリグラムだ。京畿道のA農場では1キロあたり0・0363ミリグラムのフィプロニルが検出されている。
もう一つのビフェントリンには、鶏に寄生するシラミを取り除く効果がある。米国環境保護庁(EPA)が発がん性物質に分類した殺虫剤で、韓国のビフェントリンの使用基準値は、1キロあたり0・01ミリグラムだ。京畿道のB農場では、基準値よりも1・5倍ほど高い0・0157ミリグラムが検出された。政府は、「殺虫剤卵」から検出された毒性物質は、人体に悪影響を及ぼすほどの危険性はないという。
だが、韓国環境保健学会は声明を発表し、「卵は毎日食べる食品であり、1回の摂取や急性露出による毒性が問題なのではない。懸念している健康被害は慢性毒性だ」と述べた。
一般の消費者は、鶏卵に殺虫剤を使っていたのであれば、鶏肉にも殺虫剤成分が残っているのではないかと疑っている。専門家は、食用の鶏は産卵鶏とは別で、問題はないとしているが、消費者の懸念は消えない。また、今回の「殺虫剤卵」が「環境にやさしい卵農場」から見つかったことが判明し、政府の管理・監督が不十分との批判も起きている。

2017-08-30 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません