ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年08月30日 20:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「殺虫剤卵」波紋 
食への不安高まる

 ヨーロッパで問題となっている「殺虫剤卵」が韓国でも発生した。鳥インフルエンザが終息して間もない韓国で、再び食への不安が高まっている。
韓国の店頭で売られている鶏卵から検出された殺虫剤成分は2種類。一つはフィプロニルだ。1993年から全世界で使用され始めた殺虫剤で、主に昆虫やダニを取り除くために使われるが、牛・豚・鶏のように食用とされる動物には使用が禁止されている。国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が定めたフィプロニル使用基準値は、1キログラムあたり0・02ミリグラムだ。京畿道のA農場では1キロあたり0・0363ミリグラムのフィプロニルが検出されている。
もう一つのビフェントリンには、鶏に寄生するシラミを取り除く効果がある。米国環境保護庁(EPA)が発がん性物質に分類した殺虫剤で、韓国のビフェントリンの使用基準値は、1キロあたり0・01ミリグラムだ。京畿道のB農場では、基準値よりも1・5倍ほど高い0・0157ミリグラムが検出された。政府は、「殺虫剤卵」から検出された毒性物質は、人体に悪影響を及ぼすほどの危険性はないという。
だが、韓国環境保健学会は声明を発表し、「卵は毎日食べる食品であり、1回の摂取や急性露出による毒性が問題なのではない。懸念している健康被害は慢性毒性だ」と述べた。
一般の消費者は、鶏卵に殺虫剤を使っていたのであれば、鶏肉にも殺虫剤成分が残っているのではないかと疑っている。専門家は、食用の鶏は産卵鶏とは別で、問題はないとしているが、消費者の懸念は消えない。また、今回の「殺虫剤卵」が「環境にやさしい卵農場」から見つかったことが判明し、政府の管理・監督が不十分との批判も起きている。

2017-08-30 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません