ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 02:13:50
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年08月30日 20:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
天皇の訪韓実現へ尽力 橋本明氏の葬儀しめやかに

大勢の参列者が故人をしのんだ
 今月13日、多臓器不全のため84歳で死去した元共同通信国際局次長の橋本明氏の葬儀が24日、東京の桐ケ谷斎場で執り行われた。
橋本氏は、学習院初等科時代から大学まで天皇の学友として過ごし、卒業後は共同通信社に入社。チトー体制下のユーゴスラビアに留学したのをはじめ、海外の支局を渡り歩き、国際局次長などを歴任した。
喪主を務めた長男の学氏や、弔辞を贈った級友・元同僚らは、家庭や学校、会社における故人の知られざる一面を紹介した。交友範囲の広かった故人の人柄を示すように、参列者の列は途切れなかった。
故人は韓国との関係も深く、韓国について学ぶ「日韓談話室」の代表世話人を務めた。また、天皇の韓国訪問を実現させようと尽力した。近著『韓国研究の魁 崔書勉』など、著書多数。

2017-08-30 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません