ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-06-06 21:02:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓日中共同公演「流留」開く
五輪機に一層の交流促進を

「流留」の一場面
 韓国文化院は2日、韓日中共同公演「流留(リュリュ)」を開催した。流留は、2018年平昌冬季オリンピック、20年東京夏季オリンピック、22年北京冬季オリンピックの開催を契機に始まった「韓日中文化オリンピック」事業の一環だ。
3カ国の親善交流をより一層深めるための公演であり、韓国芸術総合学校と共同開催となった。1部は、東アジア芸術の新しい風をテーマにしたトークが行われた。
2部は、流留の公演。互いの文化や考え方が流れ、留まるという意味を持つのが流留だ。韓国の伝統舞踊の一つ仮面踊りのタルチュムの「病身舞」を主要素材にして、韓日中の若いアーティストらがそれぞれ違う自国の文化を通じて眺め、現代的にアレンジしている。また、踊りを通じて3カ国の文化と精神が流れて留まり、混じり合う過程を見てほしいという、韓日中共同ワークショップを行い作られた創作作品だ。
3部は、韓国の伝統タルチュム公演が行われた。韓国伝統タルチュムの源と精神を基に、観客と共に楽しむ公演を行っている若手タルチュム芸術団「天下一タル工作所」が披露した。
今回は、中国のアーティストが個人的な問題で来日できないというアクシデントがあったが、韓国文化院のハンマダンホールを訪れた観客を魅了するには十分な公演プログラムになった。
韓国文化院の金現煥院長は、「3カ国が力を合わせ、高いレベルの公演になってよかったと思う。2002年のワールドカップ共催当時のように、平昌と東京オリンピックを機に韓日関係がより一層発展してほしい」と述べた。

2017-08-15 17面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
朝総連24全大を「最後の全大」に
金正恩と連帯した文在寅の司法恐怖政治
ミスコリア日本代表決定
6.13地方選挙 有権者の選択は…
文在寅・金正恩が極秘会談 
ブログ記事
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
どれほど切迫したら文在寅と金正恩が奇襲会合?
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
“良識が麻痺した韓国人に正気を取り戻すためには在韓米軍を撤収せよ”
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません