ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-17 08:12:33
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年07月31日 20:27
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 金正恩暴圧体制とその手先の朝総連を糾弾する日の丸・太極旗デモ行進が15日、東京・新宿で行われた。多様な団体が参加して韓国と日本の国旗をもって反共を掲げてのデモ行進は、先月10日の大阪に続いて2度目だ。約200人が参加して「北朝鮮・金正恩を許すな!」などと街頭で訴えた▼今月20日付の本紙報道から抜粋した。当日は猛暑日だったにも関わらず、多数の参加者が街頭を歩いた。それだけ危機感が強く、訴えたいことがあったのだろう▼本紙サイトでも、当該の記事はアクセスが多い。ネットに転載されて批判や嘲笑のタネになっていたとしても、当人たちは意に介すまい。むしろ拡散してもらうことだけでも価値があると考えているに違いない▼彼らの主張ははっきりしている。「北朝鮮は日韓の拉致被害者を今すぐ返せ」「戦後の帰還事業で北に渡り『人質』になっている在日コリアンと日本人妻を返せ」「東アジアと世界の安定のために、犯罪国家北朝鮮に核兵器を持たせるな」「北朝鮮は脱北者を罵倒し、脅迫するのをやめろ」▼デモに参加した諸団体・個人の中には、東京の米国大使館や首相官邸前で同様の訴えを行って人もいる。今後は、韓国大使館の前で呼びかけを行うかもしれない。むしろ、今は日米以上に韓国に対して言うべきことが多かろう▼デモには民団幹部の姿は見えなかった。組織としても参加はしていない。もし目と鼻の先にある大使館近くでデモが行われるとなれば、彼らは来るだろうか。

2017-07-29 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
米上院、中国企業に制裁案 
大企業・富裕層へ増税
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません