ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-17 08:12:33
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年07月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米上院、中国企業に制裁案 
北の核・ミサイル開発に関与疑惑 セカンダリーボイコット視野に

 韓日米3カ国が北韓に対する制裁措置として、国連安全保障理事会決議を通じた対北韓原油供給中断措置を進めている。北韓の核とミサイル開発を、これ以上見過ごせないとの判断だ。北韓専門家は、原油供給が中断されれば、北韓は軍需、基幹産業、輸送分野などで広く甚大な打撃を受けると分析する。カギを握るのは中国。北韓原油供給の90%を担っているとされる同国が、制裁に参加するかどうかだ。(ソウル=李民晧)

原油取引止められるか

 「中国が北韓への原油供給を中断すれば、北韓のすべてのものは麻痺し、自力で3カ月も持ちこたえられない」
4月13日、ロイター通信が報じた記事の一節だ。原油中断期間には、核実験もできないという分析(オーストラリアの日刊紙「オーストラリアン」4月26日付)まで提起されている。
韓日米3カ国の動きは早まっている。3カ国の首脳は7日、ドイツで開かれたG20会議の場で会談を行ったのに続き、15日にはシンガポールで6カ国協議の首席代表会合が開催された。
焦点は、国連の対北制裁決議で、原油供給の中断を明文化することだ。北韓への中国のパイプラインを閉鎖することだけが北韓に圧力を加えられる現実的な制裁案と信じられているからだ。
原油は、北韓の生命線といわれる。朝鮮労働党幹部だった脱北者のイ・ジョンホ氏は「平壌への原油輸入が止まれば政権の生命線は危険に瀕する」(ボイス・オブ・アメリカ、6月27日)と主張した。
原油がなければ工場の稼働は中断し、トラクターなどの農業機械も停止する。生産性が急激に落ち込めば、北韓経済に打撃を与えるのは自明だ。
原油の供給停止は、何よりも北韓の砦となっている軍事力も麻痺させる。米ランド研究所は6月20日の報告書で、「北韓の豊富な石炭がエネルギーの多くの部分を支えているが、原油が不足すると、軍需機器の機動力に悪影響を与える」と分析した。戦争遂行に必要な兵器の多くが化石燃料で動くため、原油供給の全面遮断は、軍事体制の北韓にとって致命傷になるといえる。
原油の供給停止が、実際に効果を発揮した例がある。2003年3月、中国は3日間、北韓へのパイプラインを止めた。危機感を強めた当時の国防委員長・金正日は、平壌駐在の中国大使に供給再開を願い出たといわれている。
中国は当時、北韓が米中との3者会談参加を拒否したため、原油供給を停止した。北韓は結局、中国の要求どおり3者会談に参加した。中国はそれ以降、北韓との間に問題が生じた際は、しばしばパイプラインを閉鎖し、北韓に対する「テコ」として使ってきた。
北韓は現在、原油輸入の90%以上を中国に依存しているといわれる。年間供給量は約100万トンに及ぶ。対北制裁が効果を発揮するか否かは、結局カギを握る中国が原油供給を止めるかどうかにかかっている。
現在、韓日米が求めているのは、供給の一時的な中断ではなく、全面遮断だ。中国の習近平国家主席は最近「北韓との血盟」関係を口にするとともに、北韓への支援をやめる考えがないことを示唆した。米国との最前線に位置する北韓の地政学的価値は、中国にとっての盾だ。この認識を変えることは容易ではない。
それでも韓日米にとって希望がないわけではない。北韓と中国は「脣亡齒寒」(どちらかが倒れればもう片方も倒れるという意味)の関係といわれてきたが、そこに亀裂が走っている。
習主席は10月末頃、第19回共産党大会を開き、自身の2期体制を発足させようとしている。内政に問題を抱える中国としては、韓日米の対北韓協調要求が高まっている中、対立を先鋭化させるのは得策ではない。
米上院外交委員会東アジア太平洋小委員会のコリー・ガードナー委員長は13日、中国企業10社を新たな制裁対象に加えるよう発議した。丹東至誠金属材料有限公司など、石油、金属、繊維の貿易に携わる企業だ。セカンダリーボイコット(制裁対象の企業・個人だけではなく、対象と取引した企業・個人を、米金融機関と取引させないこと)を意識した決定といえる。セカンダリーボイコットが適用された企業や個人は、ドルで決済される取引から原則として排除されることになる。
米国は実行段階に入った。6月末から米軍艦を南シナ海に派遣し「航行の自由作戦」を再開したのに続き、先月、北韓の核・ミサイルプログラムに協力している中国企業を名指しし、米国の金融機関との取引を禁じた。北韓のICBM発射実験を受け、近々、制裁を強化することも示唆している。また、中国を「最悪の人身売買国」に再指定するなど、圧力を強化している。
米国は北韓のICBM発射後、政権要人を介して「すべての選択肢がテーブルの上にある」と再び強調し、北韓に対する軍事行動まで公に言及している。

2017-07-20 3面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
米上院、中国企業に制裁案 
大企業・富裕層へ増税
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません