ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-17 08:12:33
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年07月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国 上半期の宅配便取扱量31%増
中国の宅配サービス企業による今年上半期の宅配便取扱量が、前年同期比31・4%増の174億件に達した。11日、中国国家郵政局が明らかにした。増加の要因はインターネット通販の利用拡大によるものとみられている。同期における宅配業の売上高は、同27・5%増の2186億元(約3兆6520億円)で、国民1人あたりの利用件数は7・1件だった。第2四半期としてみると、取扱量は前年同期比の31・3%増、売上高は同27・6%増となっている。同局による第3四半期の予測では、取扱量が同32%増の100億件以上、売上高は同27%増に達するとの見通しだ。
タイが個人ローン規制強化 個人債務増で
タイ中央銀行(BOT)が、個人ローンの規制強化案を月内にまとめることが分かった。国内におけるカード利用の拡大により、若年層を中心に個人債務が増加し、銀行の不良債権比率が上昇していることを受けたもの。同国の国家信用局(NCB)によると、国内のクレジットカードの口座数は、今年3月末時点で1847万件となっていた。同銀による新な規制では、カードローンは月収3万バーツ(約10万円)未満の場合は利用限度額を月収の1・5培、月収3万バーツ以上5万バーツ未満の場合は3倍に設定するものとみられている。保有できるカード数も3枚までに限定する見込みだ。
食品配達「ウーバーイーツ」韓国上陸
米国の食品宅配サービス「ウーバーイーツ」が、8月にも韓国で開始される見通しだ。ウーバーイーツは海外で拡大を続けており、現在は米国や日本など27カ国でおよそ6万店の飲食店と提携している。ウーバーはすでに、ソウル市内で配達員を対象とした教育を実施しているほか、サービスに対する説明会が行われた。ウーバーイーツの配達料金は曜日や時間帯によって変動するものとみられる。ウーバーイーツの加盟店手数料は国ごとに異なり、韓国は台湾と同程度の30%前後になるものと予想されている。ウーバーは「手数料に見合うサービスを提供する」としている。

2017-07-20 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
米上院、中国企業に制裁案 
大企業・富裕層へ増税
ブログ記事
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
‘北韓革命’をもって向かい火を放つ
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません