ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-10-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年07月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
文大統領の息子に「特恵」疑惑
国民の党、特別検察の捜査発議

 金東喆院内代表を筆頭とする国民の党の議員39人は12日、文在寅大統領の長男の不正就労と、それにからむ証拠捏造疑惑についての特検法を発議した。
朴槿惠前大統領の罷免につながった一連の疑惑でも登場した特別検察官は、大統領の周辺捜査など、政治的中立が保ちにくい事件の捜査の際に臨時で任命される。
文大統領の長男は2006年、政府関連機関に就職した。その際、当時大統領秘書室長だった文大統領が、口利きをしたとの疑惑が浮上している。07年の時点で一度話題にはなったが、今年の大統領選挙前に疑惑が再浮上。今回法案を提出した国民の党は、「父の口利きで就職した」と話す長男の録音データなどを公開し、真相究明を求めていた。
ところが、その”証拠”が捏造されたものであることが発覚。捏造したのは国民の党の党員だったが、それが党による指示であるのかどうかは主張が食い違っている。国民の党は、特検法発議によって、文大統領への攻撃と同時に、身から出た錆を取り除こうとしているようだ。

2017-07-20 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
韓中通貨スワップ期限切れ
反国家団体に便宜を図る文政権
北の核・ミサイルに「やめろ」
亀裂深まる韓米同盟
ブログ記事
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
朴槿恵大統領弾劾の引き金だった「タブレットPCの正体」がついに明らかになった
朴槿恵大統領釈放要求デモ
自由統一
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません