ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-25 07:56:04
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年07月12日 22:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―103―

青磁研究の成功(二)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 「そんなことはありません。人間、信用第一です。裏切りなどできるわけがありません」
「それなら、やってみたまえ。でも、苦労のわりに給料の少ないのが心配だ」
「その心配はいりません。私は金もうけが望みではありません。食べることさえできれば、力いっぱい働いて、暇なときに自分のことをします」
「それでも、使用人の仕事はきつい。その仕事をして、それから研究をやるというんだから……しかたない。どうしてもと言うなら一度やってみたまえ」
ともかく食べることが解決したので、安心だった。私は毎日工場の仕事を終えてから時間を作っては、自分の研究を続けた。何か所かで釉薬作りの経験を積んだので、先ずここでやるとおりに窯で焼いてみたが、できたのは黒っぽい磁器だった。
「それ見ろ。磁器を作るやり方でやるから、やっぱり磁器しかできないだろう」
趙徳秀氏の言葉だ。私は胸が詰まり、頭が混乱してきた。
「磁器のやり方で作ればいつも磁器しかできない。他の土を探して作ってごらん。あとで春興が帰ってくるから、一緒に出かけて土を探してみなさい」
春興とは次男の名前だった。やがて春興が帰ってきた。われわれは山や畑を歩きまわって白土だけを二、三種類集めてきた。先ず取り急ぎ土を水に浸して捏ね、器の模様に近づけていったが、粘力がなくポロポロと崩れてしまった。今度は粘り気のある泥土を持ってきて白土と半々にして捏ねてみた。大変粘り気があってうまくいった。この土で湯器を二個作った。そして松の木を燃やして灰を作り、それをさらに水土という土に混ぜて釉薬を作った。湯器に雲と鶴を彫りつけ、そこに白と黒の象嵌を入れた。
やがて窯から出てきた湯器は本物の青磁の色ではないが、一応色はうまく現れた。だがそれは、すぐに形が崩れ、ぺちゃんこになってしまった。それでも青味を帯びた破片を何度も見つめていると、心の片隅に満足感がわいてきた。
湯器が崩れてしまった原因を調べてみると、それは土の熱度が弱かったからであった。今度は泥土を三分の一混ぜて作ってみた。すると、崩れないでしっかり立ったが、器全体がボコボコと突き出てしまった。窯から引き出した器を見ながら皆、変だなと言って首を傾げた。私はまたもや苦々しく唇をかみしめた。
「柳さん。この土もだめだね」
趙徳秀氏も渋い顔つきだった。
「また別の土を探してこないとね」
「今日は、他に仕事もないから春興を連れて行って、いい土を探してきなさい」
「はい、そうします」
そのとき、春興が口をはさんだ。
「いい土のあるところを知ってますから、行ってみましょう」

2017-07-12 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません