ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-25 07:56:04
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年07月12日 22:27
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「朝鮮大学校研究」(産経新聞取材班 著)
単なる学校の研究ではなく朝鮮総連と在日朝鮮人研究

 「朝鮮大学校研究」とあるが、単なる学校の研究にとどまっていない。大学に在籍していた人へのインタビューを軸に、大学と一つになった朝鮮総連と、在日朝鮮人コミュニティー研究でもある。
朝鮮総連系の学校の中でも、エリートが通う最高学府。近年はその教育内容や体質が敬遠され、学生数が減少している…。こうした情報は、確かに漏れ伝わってくる。だが、これだけの取材対象者を集めて書籍化した例は、おそらくない。
本書の執筆は、非常に狭い突破口をこじ開けて証言を集め、資料を検証する試みでもあっただろう。肝心の大学側から取材協力が得られない中では正攻法である。四方八方から光を当て、形作られる影をつなぎ合わせ、実態を浮き彫りにしていく作業である。こうして明るみに出た暴力事件や学生200人の北韓送りは、朝鮮大学=朝鮮総連の実態を読者の眼前に突きつける。
本書は、2日の東京都議会議員選挙で、小池百合子都知事率いる都民ファーストの会が大勝を収める直前に刊行された。朝鮮学校への補助金を支給せず、大学の認可取り消しも視野に入れる知事の政治基盤が強化された今、まさに時宜を得た一冊といえる。
産経新聞出版刊
定価=1300円(税別)

2017-07-12 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません