ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年07月12日 22:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
元心昌義士 46周年忌追慕式
来賓として平澤の国会議員ら

万歳三唱する参加者
 4日、独立運動家で統一運動家の元心昌義士(1906年12月1日~1971年7月4日)の第46周忌追慕式が開かれた。(社)元心昌義士記念事業会(兪義東会長)が主催した同日の追慕式は、元義士の母校である平澤市城東初等学校の校内にある元心昌銅像前で執り行われた。この銅像は92年、同校総同窓会が募金を行い、故人の愛国愛族精神を称えるために建立した。
孔在光・平澤市長(代読)は、追慕辞で「元義士が主導した六三亭義挙は、尹奉吉、李奉昌義士の義挙と共に、日帝時代の3大海外義挙である」と述べ、「平澤市は、元義士の愛国の精神を継承発展させていく」と明らかにした。平澤市は、昨年12月に元義士の故郷の村にある彭城邑安停路2・9キロメートル区間に「元心昌路」を開設している。
原州元氏大宗会の元裕哲会長は、弔辞で「故人は、誰にも束縛されず、誰にも差別を受けない世の中、人間らしく生きていける幸せな国を夢見た」と述べ、「義士の生前の功徳が世の中に広く知られることを望む」とあいさつした。
幼年期に3・1万歳運動で民族意識に目覚めた元義士は、日帝時代の日本と韓国、中国を舞台に独立運動を展開し、解放後は日本に残り1946年に民団を創設して、59年には本紙統一日報を創刊し、統一運動に邁進した。
一方、この日の追慕式には、平澤市管内の現役国会議員である兪義東会長と元裕哲・自由韓国党議員、李文昌・アナーキスト協会会長、子息の元亨載夫妻、原州元氏門中で元裕哲(元国会議員と同姓同名)大宗会会長と元鐘寬・三司公派宗会長などが出席した。
(平澤=李民晧)

2017-07-12 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
「民衆党」で蘇った統進党 
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
ブログ記事
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
国民にハングル専用を強いるな!
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません