ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年07月12日 16:58
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
初の韓日首脳会談 意見の相違 浮き彫りに

 文在寅大統領は7日(現地時間)、安倍晋三首相と初めて対面での首脳会談に臨んだ。康京和外交部長官らも同席した。両者は約35分間の会談で、2011年を最後に途絶えていた「シャトル外交」を再開させることなどで合意した。
意見の相違も明らかになった。懸案となっている従軍慰安婦問題について文大統領は「両国の関係発展の障害になってはならない」と述べたが、いわゆる慰安婦合意の履行には言及しなかった。安倍首相からは北韓との対話は時期尚早との指摘があったが、文大統領は対話の必要性を訴えたという。

【韓日共同声明の骨子】

 発射は、国連安保理決議の直接的な違反であり、重大な事態のエスカレーション。平和的な方法による北韓の完全、検証可能、かつ不可逆的な非核化という目標を達成するために連携する。また、北韓に最大限の圧力をかけるため引き続き協力する。
北韓の隣国に対し、非核化と弾道ミサイル計画の停止を促す。米国は韓日との同盟をさらに強化し、あらゆる種類の通常および核戦力により、両国を防衛する。

2017-07-12 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
アジア経済短信
破綻に向かう韓米同盟【上】
ブログ記事
文在寅大統領とロウソク政権の10大憲法違反事項の概要
イスラエルならすでに射殺したはずのテロ主犯を文在寅が会って平和を議論するって
金鎮台議員の声明
‘平昌の後’、韓半島自由化の逆転劇を
破綻に向かう韓米同盟
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません