ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年07月06日 03:38
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
5月の訪韓観光客 100万人割る
韓半島情勢の不安感などで

 韓国観光公社は6月30日、「韓国観光統計」を発表した。統計によると、5月の訪韓外国人観光客は前年同期より34・5%減少の97万7889人となった。
月別の訪韓外国人が100万人を下回ったのは、MERS(中東呼吸器症候群)が流行した2015年7月の62万9737人以来だ。
中国人観光客は25万3359人にとどまり、前年同期比64・1%減。THAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備への報復で、韓国旅行の販売禁止措置が続いたことが最大の原因だと分析される。
日本からの観光客も前年比10・8%減の15万9379人となった。だが、今年1月から5月までの累計では93万9499人となり、昨年の85万9723人より9・3%増加している。
今年5月までの累計外国人観光客は576万203人で、前年同期比12・1%減少した。中国人観光客の大幅な減少の影響で、4月と5月は前年比でマイナスとなった。
一方、5月の韓国人の海外旅行者は前年同月比21%増の200万3834人。今年1月から5月までの累計ではすでに1000万人を超え、1052万2636人となった。
韓国観光公社の関係者は、「中国、日本だけでなく欧州、米州地域まで韓半島情勢に対する不安感があり、外国人観光客が減少している。内需観光を活性化しなければならない」と述べた。

2017-07-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません