ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年07月06日 03:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆朴先哲駐神戸副総領事 大学で講演
【兵庫】
朴先哲・駐神戸韓国副総領事は6月29日、三木市に本部を置く関西国際大学経営学科の学生およそ40人を前に講演を行った。
朴副総領事は「韓日関係の再認識及び職業としての外交官」のテーマで、韓日関係の発展に向けた具体策を語った。
講演で朴副総領事は「グローバル時代に共に歩調を合わせ、韓日の関係を発展させるためには、互いを認めあうことが重要。政府をはじめ、自治体や青少年など、多方面で交流を拡大していくことが必要」などと強調した。
◆韓国文化院 羽田で五輪PRイベント
【東京】
羽田空港の国際線ターミナル4階広小路に設置されている韓国観光広報館で、平昌オリンピックに向けたPRイベントが行われた。
第1回は6月21日、平昌五輪のマスコットキャラクター「スホラン」のボディーペイントを実施。第2回は28日、「スホラン」と「パンダビ」を紙で立体的に製作する「ペーパートイ工作」を行った。ペーパートイは、キャラクターなどの立体人形をつくる折り紙の一種として、最近人気を集めているもの。
5日にはパーラービーズでマスコットを作る体験イベントも予定している。観光広報館は17日まで。
◆韓国の大学教員ら 金剛学園を訪問
【大阪】
韓国の嶺南大学と忠南大学法学専門大学の教員や学生ら32人が6月30日、大阪の金剛学園を訪問した。
目的は、同校の教育システムを学ぶほか、在日韓国人の法的現況を把握するためだった。
尹裕淑校長は挨拶の中で「同校の生徒たちが近い将来、両国の架け橋になり、日韓友好の担い手になることを確信している」と語った。
同校を訪問した韓国の大学教員らは「ぜひまた来年にも訪問させてもらいたい」などと述べた。

2017-07-05 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません