ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年07月05日 21:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の有事を想定 
難民対策を議論

日本の難民対策などを話す中川議員
 北朝鮮難民救援基金と北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会は1日、都内で「北朝鮮有事と難民問題」と題するセミナーを開いた。有事が懸念される中、実際にどのようなことが起き、どう対応すべきかを模索するシリーズの初回だ。
基調報告を行った民進党両院議員総会長の中川正春議員は、北韓からの難民の流入への対応を協議する時期に来ていると指摘。インドシナ難民の受け入れ例を参考に、今後の法制化を進めるべきと提唱した。
続いて登壇した移民政策研究所の坂中英徳所長は、10万人程度の難民発生を想定すべきと主張。核・ミサイル・日本人拉致の問題の一体解決は、金正恩体制の崩壊がなければ難しいとしながらも、日本人妻の帰国が糸口になると訴えた。

2017-07-05 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません