ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年07月05日 20:58
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
6月のCSI上昇 
国内需要増へ好材料

 2014年のセウォル号事件以来、改善の兆しがみられなかった「消費者心理指数(CSI)」が、11年1月(111・4)以後、6年5カ月ぶりに111を超えて高水準を記録した。6月のCSIは前月より3・1ポイント増の111・1となり、5カ月連続で上昇し、4月から3カ月連続で100を上回っている。
同指数は基準値を100とし、基準値を超えると消費者心理が楽観的、反対に100を下回れば悲観的であることを意味する。
同調査結果は、韓国銀行(中央銀行)が6月27日に発表した「2017年6月の消費者動向調査結果」によるもので6月13~20日、全国都市の2200世帯を対象に行われ、2029世帯から回答を得られた。
韓銀調査チームは「5月に新しい政府が出帆し、政治に対する不安がある程度解消されたことで、消費者心理指数が大幅に改善した。また株価上昇も心理的にプラスに影響したと分析される」と発表している。
消費者心理指数は 08年の金融危機で急激に落ちたが、その後徐々に回復、しかしセウォル号事件を機に再び下降。朴槿惠政権での一連の疑惑事件もあり、低迷していた。
輸出などが引き続き好調な韓国経済だが、国内消費が活発化すれば本格的な景気回復の可能性が高まる。

2017-07-05 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません