ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年07月05日 20:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
モンゴル大統領選 決選投票待つ与野党候補
対北政策は変わらず?

 6月26日に投開票が行われたモンゴルの大統領選挙は、93年から始まった同国の大統領選としては、初めて決選投票にもつれ込む混戦となった。7日の決選投票に進むのは、前大統領の後継者となる民主党のバトトルガ元工業・農牧業相と、モンゴル人民党の党首で、国会議長を務めるエンフボルド氏だ。モンゴルは昨年6月の総選挙で与野党が逆転し、民主党が最大野党に、モンゴル人民党が与党となった。
モンゴルは北韓といち早く国交を結んだ国の一つで、今も強い結びつきがある。日本との関係も良好で、日本人拉致問題解決のため、一時は重要な役割を担うと期待されたこともある。前大統領は2013年、金日成総合大学の学生を前に、自由と人権の大切さについて語っている。
ただ、モンゴルは同年、北韓内の石油の採掘・精製のための合弁会社を設立するなど、人権問題を理由に交流を中止することはなさそうだ。合弁事業は国連制裁などの影響を受け、今年に入って頓挫したというが、今でも北韓の労働者の受け入れなどを行っているという。
南モンゴル(内モンゴル)の人権問題解決に取り組むオルホノド・ダイチン氏によると、民主党も人民党も、対北政策には大差ないという。大統領選挙を前にしたテレビ討論会は1回(2時間)だけで、外交政策についての議論は深まらなかった。周辺国の働きかけによって、モンゴルの対北政策が変わる可能性はあるが、北への影響力は他国に比べて小さく、限定的だという。

2017-07-05 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
イエメン内戦で確認された北韓のミサイル密輸
「金正恩と許宗萬を提訴」
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません