ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年06月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「青瓦台の実務の多くが『運動圏』」―国民の党院内代表 金東喆― 
金東喆院内代表は26日、国会で開かれた非常対策委員会で「青瓦台の実務の多くが『運動圏』」と述べた。金院内代表は、「任鍾晳秘書室長から第1、2付属室長、民情秘書官、政務秘書官、政務企画秘書官、国政状況室長、春秋館長に至るまで過度に『運動圏』出身者に偏重しており、露骨なコード人事、彼らだけのリーグという批判から決して免れない」と付け加えたという。

「文政権の『7大ポピュリズム政策』」―自由韓国党院内代表 鄭宇澤―
自由韓国党は26日、「文在寅政権の『7大無対策ポピュリズム政策』を選定した」と述べた。鄭宇澤院内代表は同日、緊急対策委員会で「文政権の政策が、ギリシャやベネズエラなどの政権のように左派ポピュリズム政権と似た方向に流れている」と述べた。韓国党が選んだ文政権の「7大ポピュリズム政策」は、△公務員増員の追加補正予算案△成果年俸制廃止△THAAD配備遅延△最低賃金の急激な引き上げ△外国語高校と自律形私立高校廃止△脱原発△4大江の堰開放。

2017-06-28 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません