ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年06月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国在留外国人 初の200万人超え
ベトナムの伸びが目立つ

 法務部は21日、「2016年出入国外国人政策統計年報」を発刊した。昨年韓国内に滞在する外国人は、204万9441人となり、前年比8・5%増加した。初めて200万人を超え、韓国の人口5170万人の約4%に相当する。
国籍別では中国人(101万6607人)が全体の半分程度を占めており、ベトナムが14万9384人で、全体の7・3%にあたる。05年は3万8902人で、中国、米国、日本に次いで4番目だったが、06年(5万4698人)に3番目となって、昨年2番目に浮上している。
法務部の関係者は、「ベトナムの場合、過去には韓国人男性と結婚して韓国内に定着する人が多かったが、最近では就業、留学など、すべてのルートでの国内滞在者が増加した」とし「韓流の拡散で両国間の交流が増えた結果だ」と述べた。
外国人は農漁村にたくさんいると思われがちだが、半分以上が首都圏に住んでいることが確認された。国内結婚移民者の分布を市道別でみると、京畿道が27・8%と最も多く、ソウル市18・2%、慶南6・6%、仁川市6・2%で、首都圏の居住者が52・2%を占めた。
外国人在留者は経済協力開発機構(OECD)の平均の5・7%には及ばないものの、本格的な多文化時代に入ったという分析も出ている。法務部は、今後5年以内に300万人時代に入ってOECDの平均を上回ると予想しているという。

2017-06-28 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません