ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-24 07:53:47
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年06月21日 07:03
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
2018ロシア・サッカーW杯 アジア最終予選
韓国、9大会連続出場なるか

アウェーでカタールに敗れ、監督を解任

 2018年のサッカーワールドカップ・アジア最終予選が、各地で行われた。9大会連続出場を目指す韓国は、カタールに23で敗れた。グループAの韓国は4勝1分け3敗、勝ち点13で、自動的にロシアで開かれる本大会出場が確定するグループ2位を維持している。
同グループのイランは、韓国の試合が行われた前日のウズベキスタン戦に勝利し、勝ち点20で残りの試合の勝敗に関係なく、W杯出場を決めた。韓国はグループ最下位のカタール戦に勝てば、3位のウズベキスタンを引き離す絶好のチャンスだったが、結果は惜敗だった。韓国がカタールに敗れたのは33年ぶりだ。
韓国はアウェーでの苦戦が目立つ。カタールとの試合も含め、今回の最終予選では1分け3敗と、1勝もできない状況となっている。15日には、ついにウリ・シュティーリケ代表監督が事実上の解任となった。
最終予選は残り2試合。韓国は8月31日に、グループ首位のイランをホームに迎える。だが、最も重要な一戦をエース不在で戦う可能性がある。カタール戦で英トッテナム所属の孫興民が右手を骨折。16日に手術を行ったが、次戦の出場は不透明だ。9月5日の最終戦、アウェーでのウズベキスタン戦は、場合によっては勝利が義務付けられる戦いになるかもしれない。
一方、グループBの日本は僅差の1位を維持している。しかし2位サウジアラビア、3位のオーストラリアとは勝ち点1差。残りの試合は、オーストラリア、サウジアラビアとの直接対決になる。仮に2連敗しても、プレーオフ進出となる3位以上は確定している。残り2試合で1勝すれば、6大会連続のW杯出場が決まる。決して楽ではないが、韓国よりは有利な状況といえる。

2017-06-21 6面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません