ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年06月21日 06:52
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「康京和任命は公約違反」―国民の党非常対策委員長 朴柱宣―
朴柱宣非常対策委員長は19日、KBSラジオに出演し、昨日行われた康京和外交部長官任命を批判した。朴委員長は、「(大統領)本人が公約をした人事排除の5大原則を守らず、また公約は必ず守るという就任演説にも違反をしている」と述べた。また「私たちが人事排除原則を提示したものではない。大統領が候補時、公約に掲げたのだ。康京和長官は三つほど公約に違反している」と付け加えた。
「文正仁を解任せよ」―国会副議長 沈在哲―
沈在哲国会副議長は19日、「(青瓦台は)文正仁統一外交安保特別補佐官を直ちに解任せよ」と要求した。沈副議長は、「相手があり、国力の差が出るゲームが外交という現実を無視したまま、個人の主張だけでものごとがうまくいくことがないことを文在寅政権は覚えておかなければならない」と述べた。彼は、「青瓦台は私見であるとし、波紋を抑えるため汲々としている。単に(文特補の)『私見』というのであれば、すぐに特補を解任しなければならない」と主張した。

2017-06-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません