ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年06月21日 06:13
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東京測地系→世界測地系 韓国経済の現状と外交関係
大陸志向か海洋志向か 首脳会談を注視

 文政権が誕生してから約1カ月が経過した。文大統領は国民に対して、既得権益層にメスを入れ、韓国版・不正腐敗の払拭に努めることを約束した。文政権が誰を既得権益層と認識し、いかなるメスを入れてくるのかが注目されている。
外交面では、韓国から見て大陸側に位置する中国や北朝鮮、ロシアを強く意識しながら国家運営を図る「大陸志向型国家運営姿勢」を取るのか、韓国から見て海洋側に位置する米国を強く意識して国家運営を図る「海洋志向型国家運営姿勢」を示すのかが注目されている。
まずは文政権が既得権益層に対して、いかなる見方をしているかを確認する。国政企画諮問委員会の金振杓委員長は、「韓国で最も大きな既得権益層は財閥である」と発言している。韓国での財閥の役割を勘案した際に、行き過ぎた財閥批判は韓国経済を傷つける危険性もある。
こうした中、韓国政府は、企業に対して法人税減免などの恩恵を大幅削減したり、金融・賃貸収入が多い富裕層に対して各種の税金減免を廃止・削減したりすることを検討し始めた。文政権は、既得権益層に対するメス入れを、まずは、「財閥をターゲット」にしつつ、税制や優遇制度面からメスを入れる姿勢を示している。
次に、主要国との外交関係に関するトピックスを押さえてみたい。中韓関係は今般、韓国1位の格安航空会社であるチェジュ航空が、「中国の航空当局から、山東省行きの定期路線に対する増便の許可が出た」と発表。米国が主導するミサイルシステムであるTHAAD配備の問題で中国本土の報復が始まった昨年末以来、韓国の航空会社が中国本土の定期路線の増便許可を受けたのは今回が初めてであり、韓国では今後、中国の報復が緩和されることに期待感が高まっている。
韓独関係では、ドイツのメルケル首相と電話会談し、両首脳は経済協力強化をはじめ、相互の関心事について意見交換している。文大統領は、分断国家として、統一を成し遂げた先輩・ドイツを意識した動きを示している。韓露関係では、文大統領はロシアのプーチン大統領と電話会談し、北朝鮮の核問題に関して、「ロシアの建設的な役割に期待している」とコメントした。プーチン大統領から、文大統領に就任を祝う電話をかけた模様で、ロシア大統領が韓国大統領に就任を祝う電話をかけるのは初めてのことだ。朝鮮半島に対する影響力を維持しようとするロシアと、それを利用して、米国や中国とのパワーゲームを展開しようとする文政権の駆け引きが今後も注目される。
こうした中、北朝鮮は5月14日早朝、同国西部・平安北道の亀城付近からミサイルと見られる飛翔体1発を発射。北朝鮮が飛翔体を発射するのは、文大統領が就任してから初めてとなり、北朝鮮との対話を重視する文大統領の出方を探り、また米国の反応も合わせて確認する狙いもあるものと見られた。
これに対して文大統領は、北朝鮮を強く非難し、韓国軍に対して警戒強化を指示した。北朝鮮による今回の新たな弾道ミサイルの発射を受け、日米韓の3カ国は、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請、会議が開催された。
いずれにしても、中露米が一枚岩とならない限りは、北朝鮮にとっては、こうした国際的秩序の中での圧力はあまり効果がないものと思われるが、やらないよりは効果があろう。
最も注目されるのは米韓関係であろう。米中の狭間で韓国はいかに動くのか、その行方を占う上では、文大統領とトランプ米大統領との初めての首脳会談を注視する必要がある。文大統領が選挙中に見直す考えを示してきた、米軍が韓国に配備中のTHAADをめぐる議論が焦点となると韓国側は見ている。
米韓関係の行方を見る上で極めて重要な会議となり、トランプ大統領の受け止め方次第では、米国が今後、韓国に厳しく出る局面もある。内憂外患の文政権、果たしていかに動くのか、大いに注目したい。
(愛知淑徳大学 真田幸光)

2017-06-21 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません