ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年06月21日 06:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

比・現代自の新車販売、前年割れ続く
韓国・現代自動車のフィリピンにおける5月の新車販売台数は、前年同月比6%減の2801台だった。同社のフィリピン販売代理店、現代アジアリソーシス(HARI)が明らかにした。同社は3月に3371台と単月過去最高記録を打ち出したが、4月の14%減に続き2カ月連続で前年割れとなった。1月から5月の販売台数では前年同期比6%増の1万4163台。中でも、小型セダン「アクセント」「エラントラ」がそれぞれ39%増、31%増で、販売台数を大きく伸ばした。フィリピン自動車工業会とトラック製造者協会がまとめた1~5月期の統計によると、HARIはトヨタ・モーター・フィリピン、三菱モーターズ・フィリピンズに次いで3位につけている。
シンガポール 3月の失業率2.2%
シンガポールの人材開発省(MOM)は13日、外国人を含めた3月の失業率を発表した。3月の外国人を含む失業率は2・2%で、昨年同月より上昇している。前年同月比では若者を中心に失業率が上昇し、長期失業者も増加している。シンガポール人と永住権保持者の3月の失業率は3・2%、シンガポール人のみでは3・5%だった。年齢別の失業率では、シンガポール人と永住権保持者で30歳未満が4・6%と、昨年同月の3・8%から悪化した。50歳以上は3・1%、40~49歳は2・4%、30~39歳が2・3%だった。失業者数では、3月時点でシンガポール人と永住権保持者が推定7万4400人となり、16年12月の7万3900人を上回った。
中国7省市が最低賃金基準を引き上げ
今年に入ってから、中国で最低賃金基準を引き上げた地域が7省市に上った。今年は22の省区市が改定時期を迎えている。最低賃金基準を引き上げたのは上海市、深セン市、陝西省、山東省、青海省、福建省、天津市の7省市。上海では4月1日から、従来の月額2190元(約3万5500円)から2300元に引き上げている。深センは6月1日から、これまでより100元高い2130元の基準を適用している。

2017-06-21 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません