ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年06月21日 05:54
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
低高度ミサイル防衛に進展

 連合ニュースによると、韓国の中距離地対空誘導弾(M―SAM)がこのほど、北韓の弾道ミサイルに見立てた5発のミサイルの迎撃試験に成功した。M―SAMは「戦闘用として適合」との判定を受け、年末から本格的な量産が可能になるという。
M―SAMは、高度20キロ以下の低空で弾道ミサイルを迎撃する。米国のPAC3とともに、韓国型ミサイル防衛「KAMD」システムの下層部を担当する。開発中のL―SAM(高度40~60キロ)と、高高度をカバーするTHAAD(40~150キロ)を組み合わせれば、韓国のミサイル防衛能力は飛躍的に向上すると期待される。

2017-06-21 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません