ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年06月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ダイジェスト

◆京都日韓親善協会総会
【京都】
京都日韓親善協会(千玄室会長、二之湯智理事長)は5月28日、京都市内のホテルで年次総会を開き、80人が参加した。韓昌祐副会長が「日韓両国が”水と油”から”水と魚”の関係になるよう、本協会が草の根交流の発展に尽力していく」と挨拶、二之湯理事長の議長のもと諸議案を滞りなく採択、決議した。今年度は、11月18と19の両日、京都で「朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会2017京都大会」を開催する予定で、その準備事業を計画に盛り込んだ。朝鮮通信使の歴史的資料のユネスコ世界遺産登録を目指しており、申請が通れば、京都で盛大な祝賀会を開催する計画である。「歴史学者井上満郎先生と行く”白村江と大津京”研修の旅」などの計画も了承された。
◆駐札幌領事館を市立中学生らが訪問
【北海道】
札幌市立簾舞中学校2年生の生徒ら11人が5月31日、駐札幌韓国総領事館を訪問した。今回の訪問は、同校の「国際理解授業」の一環として行われた。生徒らは、総領事館の業務や役割、韓国と北海道の関係について説明を受けたほか、K―POPなど「世界で愛される韓国文化」について学んだ。 
◆京都でオリニ土曜学校開校
【京都】
民団京都本部(河相泰団長)などが主催する同胞子女を対象とした第21期オリニ土曜学校が5月27日、民団京都本部会館で開校した。今年から京都国際学園に代わり京都韓国教育院が主管することになった。開校式にはオリニ33人と保護者ら70人が出席。授業は韓国語の読み書きのレベルによって入門と初級クラスに分けて実施され、テコンドー、サムルノリも学べる。

2017-06-14 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません