ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-02-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年06月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
駐韓米軍に「侮辱」 
師団創設100周年行事で混乱

 在韓米軍第2師団の創設100周年を記念するコンサートが10日、議政府市で開かれた。「友情を超えた未来に向けた約束」とのテーマだったが、会場内外には、それと相反する光景が広がった。
会場となった体育館の外には、行事の開催に反対する団体が陣取った。彼らは02年に女子中学生2人が米軍車両にひかれて死亡した事故から15年になることを受け、行事の中止を求めた。
会場内では、招待された歌手がほとんど姿を見せなかった。2組の歌手は会場に来たものの「歌える雰囲気ではない」とだけ述べて会場を後にした。このため行事は、予定を20分前倒しして終わった。
52年間議政府市に駐屯していた第2師団は来年7月、平澤に移転する。市側は約6億ウォンをかけて歓送のイベントを開いたはずだったが、後味の悪い結果を残すことになった。
国内では、韓米関係の今後を憂慮する声が上がっている。「駐韓米軍に対する侮辱」「文大統領が出席すべきだった」との意見もある。
第2師団の創設記念日である10月26日前後にも記念行事が予定されているが、今回抗議デモを行った民主労総京畿北部支部などは、当然反対の構えだ。主催者側が望む雰囲気になるかは未知数だ。

2017-06-14 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(7)
パチンコの出玉規制 1日から施行 改...
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
2017年パチンコ倒産件数 3年ぶり増加
「太極旗市民」が査察対象に
ブログ記事
破綻に向かう韓米同盟
西郷隆盛
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
自由統一
平壌の「建軍節」閲兵式
【朴成業伝道師インタビュー】真実を知...
北側の「建軍節攻勢」は文政権への踏み絵
【朴成業伝道師インタビュー】自由民主...
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません