ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-20 13:48:19
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年06月14日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「親北反米派」重用する文政権
ネックの不正疑惑、またも浮上 左翼3期政権

 「革命政権」を自任する文在寅大統領は11日、新たに5人の長官候補を指名した。内閣18部署のうち、11人が出揃った。政権発足から1カ月。今まで長官候補として名が挙がった人の多くは、国会の人事聴聞会で不適切な前歴などを理由に同意を受けていない。選挙戦で「積弊」の清算を掲げ、野党に「協治」を求めてきた文大統領だが、皮肉なことにそれが足かせとなっている。内定者として名が挙がっている候補らは、反米・左翼的理念が濃厚だ。
文大統領が今回指名したのが、副首相兼教育部長官候補の金相坤元京畿道教育監、国防部長官候補の宋永武元海軍参謀総長、法務部長官候補の安京煥ソウル大名誉教授、雇用労働部長官候補の趙大ヨプ高麗大教授、環境部長官候補の金恩京元青瓦台秘書官だ。今まで発表された次官級人事を含め「反米自主派」が要職を占めている。
現在、国会の聴聞会を通過していない長官候補らと同じく、今回の候補の中にも、住民登録法違反となる「偽装転入」の前歴者がいる。
特に副首相兼教育部長官候補の金相坤氏は、従北的な全教組の中でも、特に極端な教育監(教育委員長)として知られる。なお文大統領は、12日の施政演説で、人事問題に関する直接的な言及を避けた。

2017-06-14 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません