ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-26 08:32:22
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年06月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆マルハン 創業60周年でコンサート
【京都】
パチンコホールなどを中心とした総合エンターテインメント事業を展開する株式会社マルハン(本社=京都・東京、韓裕代表取締役社長)は5月24日、京都府丹後会館で「夢コンサート」を開いた。コンサートは、1957年の創業から60周年を迎えたことを記念して行われたもの。創業の地である京丹後市民らを招き、感謝の気持ちを伝えるとともに、同社の成長を共に祝った。
コンサートでは、世界的オペラ歌手をはじめ、京丹後市出身のピアニスト・安達朋博氏らが出演。地元の高校吹奏楽OBが中心となってつくられた丹後吹奏楽団との協演も行われた。
◆「歴史塾」で韓日間の問題を討論
【京都】
民団京都・南京都支部(金政弘支団長)は5月24日、京都市内で「歴史塾」を開いた。30人が参加した。3回目の開講となる今回は、京都国際学園の河東吉・前校長が、独島(竹島)・慰安婦問題などに対する韓日の主張を比較解説した。さらに、在日の国籍問題についても言及した。同塾は、歴史や社会問題などについてもう1度学び、考えることを目的としている。
◆金剛学園が運動会
【大阪】
金剛学園(尹裕淑校長)は5月27日、同校運動場で第72回体育大会を開いた。保護者らも多数参加した。小・中・高生の徒競走、障害物リレー、プンムルノリ、テコンドー披露、リレー競争、応援合戦、PTA綱引きなどで盛り上がった。

2017-06-07 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません