ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2017年06月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
THAADで紛糾 大統領府と国防部

 大統領府と国防当局の間で、THAAD配備をめぐる不協和音が出ている。THAADは4月、在韓米軍によって慶尚北道・星州のゴルフ場跡地に配備された。ただ、この時はミサイル発射台が2基しかなく、同月内に追加の発射台搬入があった。いずれも前政権時のことだが、それを知らされていなかったと憤ったのが文在寅大統領だ。
国防部が5月25日にまとめた報告書は、2基の搬入には触れたが、すでにメディアで大きく報道された追加の発射台展開は報告されなかった。大統領府は同31日、国防部による意図的な隠蔽との結論を下した。
国防部の韓民求長官は、隠蔽疑惑を否定し、大統領府の聴取にも応じた。専門家たちは、同盟関係を害する措置と批判している。
韓国では、THAADのミサイルは6基であることは広く知られている。文大統領が知らなかったはずはない。今になって報告がなかったと問題視するのは、配備に反対するための口実にすぎないとの指摘もある。また、月末に予定されている韓米首脳会談に向け、韓米関係の悪化を招きかねないとの憂慮が広まっている。

2017-06-07 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません