ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-19 08:12:03
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年05月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
愛知の故・鄭煥麒氏 天安「望郷の丘」で同志とともに

望郷の丘に集まった遺族
 「私の愛 大韓民国」と繰り返し語っていた在日韓国人1世は、同志らと一緒に眠ることを選んだ。19日、忠清南道・天安にある国立「望郷の丘」、在日同胞専用の国立墓地に「愛知県大統領」と呼ばれた故鄭煥麒氏(1924~2016年)の遺骨が納められた。
たった1坪の小さな墓。故人は故郷である慶尚南道・晋州に、晋陽鄭氏の先祖の墓があるにもかかわらず、先に亡くなった在日同胞同志と、末の妹夫婦が眠る「望郷の丘」を選んだ。この日の故・鄭煥麒氏の安葬式には、夫人の具日会氏と博(次男)、統圭(三男)、由美(長女)氏をはじめとする遺族と知人ら70人が集まった。故人が私財を寄託して奨学財団を設立した晋州教育大学の関係者の姿もあった。
故・鄭煥麒氏の遺骨と遺影はこの日、名古屋を出発して仁川空港を経由して天安に向かった。国立「望郷の丘」関係者は「遺族をはじめ参列者が、一様に穏やかな顔で祭祀を執り行う姿は実にめずらしい」と話した。 母国の知人である李林柱教授は「在日の人生を立派に生きた人物」と述べながら、「忘れてならないのは恩義であり、捨ててならないのは義理と強調し、信用第一を信条にした」と追悼した。「望郷の丘」は1976年10月、在日韓国人専用墓地として造成された。韓国政府が敷地を提供し、建設費用は民団を中心とする在日韓国人の募金5億円(現在の価格で50億円以上)でまかなった。
(ソウル=李民晧)

2017-05-31 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません