ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-05-16 07:23:53
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年05月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「21世紀の朝鮮通信使」東京・日比谷にゴール

 江戸時代に李氏王朝が日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の足跡をたどり、韓日市民がソウルから東京まで歩く「21世紀の朝鮮通信使 日韓友情ウォーク」の一行約100人が22日、ゴールの東京・日比谷公園に到着した。民団や韓日市民団体らが出迎えた
「21世紀の朝鮮通信使」は今年で10年目を迎えた。2年に一度行われ、今回で6回目。ソウルから東京まで約2000キロの朝鮮通信使の足跡をのべ2756人が歩いた。そのうち19人が全行程を踏破した。台湾人2人も初参加した。
隊長の遠藤靖夫さん(75)は「今回の大きなテーマは朝鮮通信使の世界遺産登録。ウォークは最初の目標どおりに22世紀まで続けたい」と話した。

2017-05-31 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「日韓クロッシング」の韓国太極旗集会...
虐殺者の金正恩を道連れと呼んだ文在寅
金正恩体制でのCVIDは不可能
「板門店宣言」は自由民主国家の自殺
「韓国フェスティバルin名古屋」先月...
ブログ記事
[李春根コラム] 金正恩のジレンマあるいは賭博?
文在寅大統領は共産主義者
“良識が麻痺した韓国人に正気を取り戻すためには在韓米軍を撤収せよ”
満州がやって来る(歌, "만주가 찾아오네")
偽の世論、偽の民主主義、偽の平和
自由統一
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...
【韓国語版】쉴 새 없는 중국의 탈...
金正恩・習近平会談後 増加する脱北者...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません