ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-08-22 08:10:29
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2017年05月19日 19:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民団大阪 各支部の財政自立化支援
三機関長・傘下団体長会議

民団大阪本部で行われた会議
 民団大阪本部は12日、同本部で第56期第5回各支部三機関長・本部傘下団体長会議を開いた。鄭鉉権団長は、「各支部の財政自立化を支援し、民団活性化に取り組む」と強調した。
4月23日に旭支部と都島支部が統合され、事務所を旧旭支部に設置したこと、支部活動ができない泉北支部を本部直轄にしたことなどが報告された。また、基盤強化、生活支援、次世代育成などの重点事業の説明があった。
4月に実施された各支部任期大会で選出された三機関長は次の通り(支部名=支団長・議長・監察委員長)。
▽生野南=金吉浩・朴敏雄・金正根▽高槻=趙正三・崔勇・具周会▽西成=車一平・金光旭・李春夫▽城東=金源奉・梁天海・高信吉▽北河内=朴栄心・洪性珍・辛泰錫▽旭都島=金仕萬・鄭大萬・孫永房▽港=姜泰浩・南浩鉉・安清一▽福島=高春淑・劉孝一・金鍾範。

2017-05-18 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「朝鮮籍」の訪韓自由化を策動
「国基」を揺るがす文政権
【寄稿】「朝日」「ハンギョレ」両紙へ...
大企業・富裕層へ増税
熾烈な金融業トップ争い 上半期実績
ブログ記事
新・浦安残日録(7)
韓国も2カ月で核兵器を製造できる。日本は1週間で。
文在寅政権の脱原発政策を糾す
米合同参謀会議議長が訪韓
「ロウソク革命政権」が成功できない根源的理由
自由統一
またICBM 北、真夜中に発射
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません