ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年05月19日 19:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話
 先日、ある人とスタンド・バイ・ミーの話題になった。スティーブン・キング原作の短編をもとにした映画だ。その人は作品の名前は知っているものの、観たことがないという▼小欄も観たことがあるとはいえ、もう数十年も前の話だ。あらすじを語ろうにもうろ覚えで、要領を得ない説明になってしまった▼4人の少年が、有名になるために死体を探しにいく。その途中で汽車にはねられそうになったり、夜の森で恐怖心に駆られたりしながら死体があるといわれた場所まで歩いていく。そこには確かに死体があった▼ただ、ラストがどうだったか分からなかったので、ベン・E・キングの主題歌を思い出してみた。夜が来て、あたりは闇に包まれ、月明かりだけが唯一の道しるべ…▼ところで最近、アメリカではムーンライトならぬ「ムーンシャイン」という造語がメディアに登場している。月あかりと訳すにはぎらついた響きのムーンシャインは、文在寅大統領の苗字からとった「ムーン」と、サンシャイン・ポリシー(太陽政策)を組み合わせて作られた▼政権の空白期が続いた韓国は、今ようやくトンネルを出ようとしているところだ。その先に待ち構えているのは開かれた道なのか、それとも再び続く暗闇なのか▼ところで、肝心の映画のラストがどうなったか。歌詞をたどっただけでは思い出せなかった。映画はハッピーエンドではなかった気がするのだが、ムーンシャインで照らされた道の先にあるのはどのような韓国の未来だろうか。
2017-05-18 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません