ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2017年05月12日 19:38
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「FIFA U-20 ワールドカップ」韓国で開催
20日から来月11日まで熱戦繰り広げる

韓国はA組、日本はD組 ともに「死の組」厳しい戦いに

 「2017年FIFA U‐20ワールドカップ」が韓国で開催される。今月20日の開幕まであと1週間ほどだ。六つの大陸の24カ国が参加する今回の大会は、6月11日まで仁川、水原、天安、大田、全州、西帰浦の6都市で行われる。
U‐20ワールドカップは、1977年にFIFAワールドユース選手権として始まり、2007年のカナダ大会から今の名称に変わった。開催は2年ごとで、出場する選手は、大会開催年の1月1日時点で20歳未満の選手に限られる。
同大会の最多優勝国は6回のアルゼンチンで、ブラジルが5回で続く。前大会は、セルビアが優勝した。韓国は1983年のメキシコ大会でのベスト4が最高成績だ。
1979年の第2回大会で優勝とMVPを手にしたアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを筆頭に、ルイス・フィーゴ(ポルトガル)、ラウル・ゴンサレス(スペイン)、ティエリ・アンリ(フランス)、リオネル・メッシ(アルゼンチン)など、多くの選手がU‐20ワールドカップを通じてスーパースターになった。
今年3月15日に行われたグループ抽選の結果、A組に入った韓国は、ギニア、アルゼンチン、イングランドと同じ組になった。日本はD組で、南アフリカ、イタリア、ウルグアイと戦うことになる。韓日両国がいわゆる「死の組」となり、グループリーグから厳しい戦いになりそうだ。
韓国は本大会前の8日、サウジアラビアとの強化試合を行った。試合は3‐1で勝利。海外組のペク・スンホは1ゴール、1アシストで活躍。イ・スンウは前半のみの出場だったが、本戦での期待は高まった。11日にはウルグアイ、14日にはセネガルとの親善試合を行ってから本大会に臨む予定だ。

2017-05-12 6面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません