ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-24 09:16:41
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2017年05月12日 19:26
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 大明龍八さん(フリーウォーキングメディカル総院長)
独自のリハビリトレーニング考案

総合リハビリ施設を計画
 東京都内で東洋医学・西洋医学の総合リハビリトレーニングジム「フリーウォーキングメディカル」を開業している。フリーウォーキングメディカルとは、脊髄損傷や脳梗塞、交通事故の後遺症などで悩む人たちを対象に開発されたリハビリトレーニングだ。メディアなどでも紹介され、脳梗塞で倒れた歌手の西城秀樹さんも治療を続けている。
このリハビリ方法を考え出したのが、大邱出身の大明さんだ。来日30年以上となり、日本国籍を取得した。先祖代々続いていた漢方医の家庭で生まれ、幼い頃から困った人たちに治療を施す祖父母の姿を見て育った。韓国で大学卒業後、医師をめざして米国留学を考えていた。しかし、経済的負担もあり、日本で姿勢保健均整師となるための専門学校に留学。卒業後は、都内で開業した。
さらに良い治療を患者に施したいとの気持ちから、中国で医療気功整体師、日本で鍼灸師の資格を取得。年々増加する脊髄損傷や脳梗塞などの後遺症で悩む患者を見て、効果のある治療方法は何かないかと考えた。自ら会得した資格や経験を総結集し、整体、鍼灸に筋力トレーニングを加えた独自のリハビリプログラムを開発した。
モットーは「やればできる」。将来は「多くの患者さんが利用できる総合リハビリトレーニング施設の建設を計画している」と抱負を語った。先祖代々からの奉仕精神が受け継がれている。

2017-05-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません