ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-29 09:13:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年05月12日 19:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
統計庁 ネット通販、スマホ使用が6割
過去最高 海外取引も増加

 統計庁が4日発表した「2017年3月オンラインショッピング動向」(海外との取引含む)によると、3月のネット通販の取引額は6兆3257億ウォンとなり、月間ベースで過去最高額を更新した。スマートフォンを使ったネット通販の取引額は3兆7318億ウォンで、取引額ベースでネット通販全体の59・0%を占めた。
ネット通販取引額で最も比率が高い商品は旅行・予約サービス(14・7%)。以下、食料・飲料(11・7%)、衣類(10・5%)、家電・コンピューター・通信機器(10・3%)となった。スマホを利用したネット通販では、食料・飲料(14・5%)が、旅行・予約サービス(12・6%)を逆転した。スマホによる通販の割合が高い商品は育児用品(74・8%)、靴(73・2%)、食料・飲料(72・9%)、バッグ(71・0%)などだった。
ネット通販による海外への商品販売額(1~3月期)は7716億ウォン。前年同期比50・9%増と大幅に増加した。国別では中国(6218億ウォン)、米国(458億ウォン)、日本(339億ウォン)と続いた。
海外サイトからの商品購入額は5377億ウォンで20・5%増加した。国別では、米国(3109億ウォン)、EU(1257億ウォン)、中国(473億ウォン)という結果となった。3月期にはすでにTHAADによる報復で韓中貿易が制限されていたが、その影響は小さく、販売・購入ともに中国との取引が際立った。
ネット通販額が最高を記録したことについて統計庁は「配送期間が短縮され、生鮮食品など商品が多様化し、業者間の競争によって消費者のネット通販利用環境が改善された」などと理由を分析している。

2017-05-12 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
ブログ記事
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
自由統一
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません