ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年05月12日 19:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
対話の可能性を打診
米朝、ノルウェーで非公式接触

 「最高の圧力と関与」をかけると述べ、単独での対北先制攻撃も辞さないとの構えだった米国が、態度を一変させた。
トランプ大統領は1日、「環境が適切なら」と前置きしたうえで、金正恩と会うのは光栄だと述べた。「適切な環境」とは、北韓の非核化だ。大統領の発言から2日後、ティラーソン米国務長官は同省職員を前にした演説で、さらに踏み込んだ言及をした。
ティラーソン長官は非核化の見返りとして、(1)体制転換(2)政権崩壊(3)韓半島の即時統一(4)38度線を越えての侵攻―の四つをしないと述べた。
8日から9日にかけては、ノルウェーの首都オスロで、米朝非公式接触が持たれた。北韓外務省の米国担当、崔善姫米州局長を筆頭とする北韓代表団が会ったのは、ワシントンにあるシンクタンクの代表者らだ。
米国政府は今のところ、接触は政府とは独立して行われているとの立場で、詳細を明らかにしていない。米国はまだ韓半島周辺に空母打撃団を展開したままだが、北韓が簡単に核放棄に応じる可能性は低く、軍事衝突のリスクが去ったとはいいがたい状況だ。

2017-05-12 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません