ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2017年05月12日 06:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大統領選 各国の反応

選挙翌日、日本の朝刊各紙は結果を1面で伝えた
 同盟強化のため早期の会談望む

 未来志向の新時代構築に期待

 文大統領と一緒に努力したい

 ホワイトハウスの報道官は10日、「(トランプ大統領は)文大統領と会い、共通の関心事について話したがっている」と述べた。韓米同盟の強化についても前向きな姿勢を示し、2国間の友情とパートナーシップを深めたいとの意向を明らかにした。
日本では、安倍首相が文氏の当確直後「日韓両国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ。共に仕事をしていくことを楽しみにしている」とのコメントを発表。菅官房長官は翌10日、未来志向の新時代を築いていきたいなどと発言した。
日本側が懸念しているのが、従軍慰安婦合意の再交渉だ。文大統領はかねてから、再交渉の意思を明らかにしている。日本側もその点を注視しており、菅官房長官は「日韓がそれぞれ責任を持って実施していくことが極めて重要だ」と強調した。日本のメディアも、新政権が「反日」になるとの見方を示している。
中国の習近平国家主席は10日、「相互理解、相互尊重のもと、強固な政治信用を築き、意見の違いを適切に処理し、2国を健全で安定した関係に発展させる。私はあなた(文大統領)と一緒に努力したい」と述べた。韓中間には北韓問題のほか、THAAD問題が横たわっている。文大統領はTHAAD配備に反対の立場で、その点で両者の意見は一致する。
文大統領は10日の就任式で行った演説で、核問題の解決を念頭に「必要であれば、ワシントン、北京、東京、平壌にも行く」と述べている。

 

2017-05-11 3面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(5)
静かに進む南北連邦制?「韓半島史上最...
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(6)
アジア経済短信
波紋を呼ぶ 米国の新国家安全保障戦略
ブログ記事
平壤の金正恩ほど危険なソウルの文在寅(SAPIO 2018年1月号)
「文在寅政権の根本属性は反米・反日、親中・親北」(金文洙元京畿道知事)
岐路に立っている韓国の自由民主主義
文在寅は在任中、「国家自殺的な改憲はしない」と宣言せよ(趙甲済)
金正恩の狂気の暴走に対して米国はチャーチルのように対応せよ!
自由統一
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<3>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<2>
「平和の祭典」に水を差す北韓の挑発<1>
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません