ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-05-19 20:22:51
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2017年05月12日 06:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
再交渉の岐路に立つ韓米FTA
自由貿易体制維持へ 対応策を準備

 トランプ米大統領は先月、韓米自由貿易協定(FTA)について「horrible(ぞっとする)」という言葉を使い「交渉見直し、あるいは終了を願う」と発言した。これにより、韓米FTA再交渉は現実的なものとなってきた。

 トランプ大統領が「ぞっとする」とまで表現した韓米FTAだが、その内容は、米国ではなく韓国にとってぞっとするものとなっている。今でこそ米国との貿易収支で韓国は大きな利益を上げているが、締結時には「現代の不平等条約」と揶揄されたものだった。
例えば、車に関しても韓国は乗用車の関税は発効と同時に8%から4%に引き下げて4年後に撤廃。対する米国は撤廃する4年後まで2・5%の関税を維持。貨物自動車は米国は発効後の7年間は25%の関税を維持、その後段階的に引き下げ、10年後に撤廃となっている。一方、韓国は発効後に即時撤廃といった形だ。
FTAで最大の争点となった農産物も、コメの自由化こそ免れたが、それ以外は実質的に全て自由化となった。さらに「ラチェット条項」(いったん関税を引き下げたら、もう後に戻れない)、ISD条項(国内法より投資家の言い分が優先される)など12にわたる「毒素条項」が設けられた。ただ、こうした不平等な条件下でも、韓国側は利益をあげてきた。現在問題になっているのは、韓国が「もうけすぎている」ことだ。
2012年3月に協定が発効してから過去5年間の韓米貿易収支を見ると、韓国から米国への輸出は年平均20億4000万ドル(3・4%)増加し、16年に輸出総額664億6000万ドルに達した。一方、米国からの輸入額は、5年間で年平均0・6%減少。韓国の対米黒字は、116億ドル(11年)から233億ドル(16年)へと、ほぼ倍増した。
FTAの再交渉、または破棄となった場合、二国間の貿易収支差は改善されるだろうか。
韓国産業研究院は、韓米FTAが終了すれば、両国の貿易額は15年に比べ年間30億ドル近く減少すると予想した。また、主要輸出産業の関税率が引き上げられれば、今後5年間で韓国の対米輸出額は最大170億ドル減るという分析結果を発表している。
だが、現在の貿易収支は、関税による影響よりも、通貨の変動の影響の方が大きいといわれる。また、携帯端末(15年の韓国からの輸出73億ドル)、半導体(同33億ドル)に代表されるように、現代社会におけるニーズの高い製品を、韓国企業が高品質で生産してきたという側面も大きい。現在の貿易不均衡は、米国の製品生産力とブランド力がないことが大きな理由だ。FTAの内容を変更したところで、その影響は限定される。
世界は5年前と大きく変わり、保護貿易主義が頭をもたげている。
韓国産業通商資源部の周亨煥長官は、すでに専門家との懇談会を開き、「政府は韓米FTAの再交渉を含む、さまざまなシナリオへの対応策を準備して綿密に備えている」としている。韓国は自由貿易で成功した国として世界にも認められている。次期政権に望まれるのは、自由貿易体制の象徴ともいえる韓米FTAに対して、どのような姿勢を見せるかではないか。

2017-05-11 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
在日同胞の財産を巻き上げる「誘い水」
韓日米同盟の強化を訴え
在外選挙 日本は投票者数・投票率減少
投票直前 「大逆転」はあるか
我々には見覚えのない、見知らぬ大韓民国
ブログ記事
新・浦安残日録(4)
北韓、朝総連、帰国者、在日(배나TV、日本語版)
極左勢力が青瓦台に入城!
‘保守勢力を潰滅させる’が共に民主党の党論か
洪準杓自由韓国党大統領候補のソウル江南での選挙遊説(*遊説の模範)
自由統一
ICBM開発 最終段階 大気圏再突入に成功
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません