ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-23 07:56:17
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2017年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―94―

結婚生活(六)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画

 「オモニム、お元気でしたか?」
「やあ、よく来たわね」
まさ子が台所から出てきた。
「どうしてこんなに遅くなったの?」
「うん、崔君と話しこんでちょっと遅くなったよ」
「早く部屋に入って。一緒に食事しましょ」
「オモニム、食事はまだだったんですか?」
「おまえと一緒に食べようと思ってね」
母が運ぼうとする膳を、まさ子が取り上げた。
「オモニ、先にお入りになって」
まさ子が食膳を置いて出た。
「まさ子、なぜ出ていくんだ? こっちに来て一緒に食べよう」
「煮物を持ってくるわ」
まさ子は、鯖と鮸の煮物を運んできた。
「オモニ、これはオモニの大好きな鯖で、これはあなたの好きな鮸の煮物よ」
と言うと、鮸の入った皿を私の方へ差し出した。
「オモニもどうぞ」
「ええ、あなたの腕前をちょっと見ようかしら」
母が食べて味を見る。
「そうね、コチュジャンでもう少し辛くしたのがよかったわ。あたしの口には合うけれども、まさ子は辛くて食べられないのじゃなくて?」
「辛くても大丈夫ですわ」
「食べられるの?」
「はい」
「そうそう。これを食べてみて」
まさ子が鯖を私の方に差し出した。
「鯖は生臭いけれど、温かいうちに食べると、美味しいのよ。さあ、食べてごらん」
と母が鯖を切りとる。
「じゃ、食べてみるか」
生臭かったが、旨かった。
「生臭いけれど、熱いうちに食べると、ほんとうに美味しいね」
「あら、味もろくに知らないで生臭いとばかり思っていたのね」
まさ子がひと言、口を挟んだ。
「おまえは、ぼくが何か言うと必ずひと言返すんだな」
「味も知らないで、生臭い、生臭いって言うからよ」
「じゃ、おまえも一緒に食べなよ」
一家三人の仲睦まじい食事も終わった。母の表情がいつになく和んでいるように見えた。母が膳を運んでいこうとするのを、まさ子が受け取って立ちながら言った。
「オモニム、あたしが来た日くらいは、じっと座っていてください。それでなくとも、実家暮らしで心苦しいんですもの。あたしがいるのに、差しおいてオモニが動いてはいけませんわ」

2017-05-03 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません